UA-147249860-1 道: この道の続く場所

R290

道のページ の更新です。
今回は 290号 です。
290号は新潟県村上市の国道7号上の石原交差点から始まり、新潟県内を南下し、新潟県魚沼市の四日町交差点で国道17号に至るまでの国道です。

今回は魚沼市→村上市のルートで走っています。
全般的に走りやすく、変な道や酷道等は無く、順調な走行でした。

途中で見つけた面白いものを挙げます。
1つ目は なだれ注意 の標識。こんなの初めて見ました。車の上に回転しながら雪が山の上から降ってきている絵ですね。すごい絵。ビックリ。

なだれ注意

あと、平成11年に廃線となった蒲原鉄道の車両がいくつか見られました。1つ目は大正期に製造されたモハ1号。大正だって。しかも木造。

モハ1号

2つ目は昭和33年製造のモハ61号。半鋼鉄製。

モハ61号

3つ目は昭和5年製の電気機関車で、ED1号。これらは、冬鳥越スキーガーデン に置いてありました。どれも車両の中も見られます。

ED1号

そして4つ目は、少し離れた場所にあったモハ51号。これは、阿賀野市内で49号と重複して走行中、磐越道と交差するあたりにありました。しかしこのモハ51号は野ざらしで、痛みも酷く、ちょっと可哀想な感じ。

モハ51号

私はいわゆる「鉄っちゃん」ではないので、鉄道にそんなに興味があるというわけではありませんが、でもこういう古い車両を見るのはキライではありません。だからモハ51号はもうちょっと何とかならないのかなぁ、と残念な感じです。国道と関係無い話題で失礼。笑


| | コメント (0)

R115

道のページ の更新です。
今回は 115号 です。
115号は福島県相馬市の大曲交差点で国道6号から始まり、福島県内を西に進み、福島市からは南西に方向を変えて猪苗代湖を目指し、福島県耶麻郡猪苗代町の猪苗代湖畔の堅田中丸交差点で国道49号に至るまでの国道です。

今回は相馬市→猪苗代町のルートで走っています。

福島市と猪苗代町の境界は土湯トンネルで越えます。土湯トンネルの手前に 土湯展望台 という展望台があるというので寄ってみました。
これが土治癒展望台からの景色で、福島市内が見えていると思います。でもなんかいまいち、、、期待したほどではありませんでした。

土湯展望台1

展望台にありがちの見える景色を案内する看板も撮ってみましたが、曇っていることもあり、これもいまいち。う〜む。(^_^;)

土湯展望台2

ゴール地点のすぐ手前には道の駅があります。道の駅猪苗代 です。

道の駅猪苗代1

きれいな道の駅です。入口の前にこんな赤い物体が置いてありました。これは何? ロープウェイのゴンドラ?

道の駅猪苗代2

走行自体はとても順調でした。途中結構な雨模様でしたが。


| | コメント (0)

R144

道のページ の更新です。
今回は 114号 です。
114号は福島県福島市の仲間町交差点で 国道4号 から始まり、福島県内を南東に進み、双葉郡浪江町の知念寺交差点で 国道6号 に至るまでの国道です。直前に走った288号同様、総延長 69.5 km と比較的コンパクトな国道です。

今回は双葉町→福島市のルートで走っています。

114号は288号同様、浪江町付近で帰還困難区域があります。いまだに人が住めないとは、、、

帰還困難区域

続いてダム(大柿ダム)があるので寄ってみようと思ったのですが、門が閉まっていて、近づけません。これは、帰還困難区域と関係あるんでしょうか。大柿ダムは浪江町の真ん中付近にあります。

大柿ダム

114号は途中399号が合流してきて、少しだけ重複したのち分岐しますが、399号が分岐する地点はまだ通行止のままでした。399号を走行したのは 2020 年 11 月でしたが、その時も通行止で、いまだに通行止のままです。いつ通れるようになるんでしょうね。

399号

114号は行程の半分程度、浪江町を通ることもあって、前半はちょっと物々しい感じがします。後半はごく普通の田舎国道で、順調に走れました。


| | コメント (0)

R288

道のページ の更新です。
今回は 228号 です。
228号は288号は福島県郡山市の三春街道入口交差点から始まり、福島県内を東進して、双葉郡双葉町の牛踏交差点で国道 6号 に至るまでの国道です。総延長 68.3 km と比較的コンパクトな国道です。


今回は郡山市→双葉町のルートで走っています。


288号は東日本大震災以降、長らく通行止区間がありましたが、2020 年 12 月 10 日に全線通行可能になっています。とはいえ、終点付近の双葉町にはまだ「帰還困難区域」があり、人は住めません。


帰還困難区域


途中に温泉(玉の湯温泉)が有り、Google Maps 以外の地図では288号は温泉の中を通る道があるのですが、残念ながら玉の湯温泉の道は通行止でした。ここが通れるようになる日は来るんでしょうか。


玉の湯温泉


次の写真はゴール地点近くの双葉町前田の様子ですが、民家はあれど、人はいません。


双葉町前田


信号機も使われなくなって長いのでしょう、錆びています。


信号機


一応、全線通行可能ですが、ゴール地点近くはちょっと寂しくてわびしい感じがします。





 

| | コメント (0)

R113

道のページ の更新です。
今回は 113号 です。
113号は新潟県新潟市中央区の本町交差点から始まり、少し北上したのち東進し、山形県、宮城県を通過して、福島県相馬市の光陽北交差点で国道6号に至るまでの国道です。日本海側から太平洋側まで、東北地方を横断する国道です。

今回は相馬市→新潟市のルートで走っています。

2022 年は 8 月頭に北日本が豪雨に襲われ、かなり被害が出ています。
今回の走行時もそれを想像させるようなものすごい豪雨に遭いました。写真じゃいまいち雨の勢いなどが伝わらないのですが、前が良く見えなくなるほどのものすごい雨が降って、どうなることやと思いましたが、幸いなことに雨はすぐ小降りになり、大きな問題ではありませんでした。良かったです。

豪雨

上の写真の川は「荒川」ですが、ルートはその荒川に沿って西進し、村上市に入ります。なんとそこではとんでもないことになっていました。左の山(崖)が崩れたんでしょうか、右側のガードレールもぐちゃぐちゃになっています。113号は開通して間もない、と言う雰囲気です。

新潟豪雨

荒川から離れて少し進んだ場所でもこのように土石流の後と思われる痕跡が見られます。自然の猛威を感じます。この辺のみんなは大丈夫だったんだろうか。

土石流

そしてさらに西進して日本海側に出てきます。しばらく進むと、「越後の里親鸞聖人総合会館西方の湯」という施設があります。ここは345号走行時にもよっているのですが、デカい親鸞像があります。今回も変わりない様子が見られました。(^_^;)

親鸞像


| | コメント (0)

R349

道のページ の更新です。

今回は 349号 です。
349号は茨城県水戸市の梅香2丁目から始まり、茨城県を北上し、福島県を縦断したのち、宮城県柴田郡柴田町の柴田町白幡交差点で国道 4号 に至るまでの国道です。

349号は起点がちょっと複雑です。現在の起点はまったく起点らしくない場所にあり、昔の起点はもう起点ではないようですが、その近くから旧ルートが残っていて、、、詳しくはリンク先に書いたので、そちらから。
ここでは現ルートのスタート直後の梅香トンネルの写真を載せます。

梅香トンネル

これは、トンネルの出口の様子です。(梅香トンネルの入口の写真は撮りづらい。)
トンネルの上にあるのは旧ルートから続く道で、トンネルは旧ルートの下を走っています。もう旧ルートは県道などに降格してしまうとわかりやすいのに、と思うのですが、いろいろ事情もあるのでしょう。

349号ではセイコーマートを2軒も見つけました。1つ目は 那珂後台(ごだい)店 です。

セイコーマート 那珂後台(ごだい)店

そして2つ目は 常福地店 です。

セイコーマート 常福地店

茨城県にはセイコーマートが多いですね。大洗から北海道までのフェリーが出てることと関係あるんでしょうか。

その他、デイリーヤマザキも。

デイリーヤマザキ 古殿中鶴屋店

この場所 にありました。古殿中鶴屋店です。

349号は約 260 km もあって、結構長かったです。山の中ばっかりでしたが。(^_^;)
これで宮城県の国道は終了です。東北は、あと福島を残すのみとなりました。


 

| | コメント (2)

R15

道のページ の更新です。

今回は 15号 です。
15号は東京都中央区の日本橋から始まり、南下して神奈川県横浜市神奈川区の青木通り交差点で国道 1号 に至るまでの国道です。総延長 28.8 km で、東京と横浜を結ぶ短い国道です。東京→横浜のルートで走っています。


15号のスタート地点は東京駅近くの日本橋です。ここは言わずと知れた、全国道の起点の場所で、15号はここから南へ進みます。従って、日本橋へは北から進入します。


日本橋


日本橋の橋の上には麒麟像。いつ見ても良い像ですね、これ。


麒麟像


15号は銀座通りを突っ切って南下します。銀座通りは土日祝日には午後歩行者天国になってクルマは通れません。クルマで走るときには午前中に行きましょう。下の写真は歩行者天国区間の中間付近の銀座三丁目の様子です。


銀座三丁目


15号は首都高速と鉄道と何度も交差します。次の写真はJR鶴見線と交差するときの様子です。


JR鶴見線


そして次は、首都高速神奈川7号横浜北線。この写真はゴール地点近くの様子ですが、15号は首都高の下を走ります。


首都高


15号は 30 km 弱と短めの国道で、すぐ走れてしまいましたが、短い割にはイベントが多く、退屈しません。\(^_^)/





| | コメント (0)

R393

道のページ の更新です。


今回は 393号 です。
393号は北海道小樽市の奥沢十字街交差点から始まり、南下して北海道虻田郡倶知安町の北3東10・北4東9交差点で国道276号に至るまでの国道です。


今回は小樽市→倶知安町のルートです。


今回の一連の北海道遠征の最終を飾る国道です。とはいえ、当初は393号ではなく453号を計画していたのです。しかし453号は美笛峠が通行止と言うことが出発前に判明し、代わりのルートとして選択したのがこの393号なのでした。453号の代打的な感じです。
とはいえ、思いのほか(失礼)、393号良かったです。


スタート後すぐに高度を上げ、山に登っていくのですが、その途中にこういう感じでたくさん雪が積もっている様子が見られました。走行したのはゴールデンウィークですが、ゴールデンウィークにはまだこんなに雪があるのですね。


雪


次の写真は余市川です。393号はほぼ山の中のルートですが、山の中を走る国道の例に漏れず、多くのルートが川沿いです。その川の一つ、余市川です。なかなかきれいな川です。


余市川


そして次は羊蹄山。ルートの後半、羊蹄山を左側に見ながら走ります。この山、左右対称で、富士山みたいで、とても美しいですね。この山をずっと見ながら走る後半〜終盤はとても良かったです。


羊蹄山


あと、国道とは関係ありませんが、オドメーターが 177,777 km を記録。どうでも良いか。笑


177,777 km





 

| | コメント (4)

R236

道のページ の更新です。


今回は 236号 です。
236号は北海道帯広市の大通北1交差点から始まり、南下して日高山脈を越えた後、太平洋岸に達し、そのまま北海道浦河郡浦河町に至るまでの国道です。


今回は浦河町→帯広市 のルートです。


浦河町を出発して少し海沿いを走ったのち、ルートは内陸へ向かいます。そして写真の正面に見える日高山脈を越えます。


日高山脈


雪山が見えていましたが、でも山越えは特に何ということもなく終わります。一番高いのは野塚峠ですが、野塚峠は野塚トンネルで超えます。次の写真は野塚トンネルを越えた後、すぐの場所にある駐車場から振り返って撮った様子です。


野塚トンネル


山を下りて広尾郡大樹町です。大樹町の中心を流れる歴舟川にたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。(この日は5月5日。)


鯉のぼり


旧国鉄広尾線の駅だった幸福駅と愛国駅に行ってみました。広尾線はもちろん既に廃線なので、両駅とも観光駅です。特に幸福駅はもろに観光地となっていました。まぁ名前からしてそうなるでしょうね。(^_^;) 「幸福駅行き切符」を買うことができます。


幸福駅


愛国駅


236号は本線の他、帯広市から南へ延びる帯広広尾道も236号となっています。そっちも走行しています。
予定外の訪問でしたが、幸福駅と愛国駅は結構良かったです。鯉のぼりもなかなか。





| | コメント (0)

R235

道のページ の更新です。


今回は 235号 です。
235号は北海道室蘭市海岸町から始まり、海沿いを北東に進んで苫小牧市を経由し、方向を南東に変えてさらに海沿いを進み、北海道浦河郡浦河町に至るまでの国道です。


今回は室蘭→苫小牧→浦河町 のルートです。北海道の南岸をおよそ海沿いに走ります。


苫小牧をすぎて日高地方を南下していると、かなり牧場があります。こういう感じで馬がよく見られます。


牧場


そして、235号本線に加えて、自動車専用道の日高自動車道も235号であるとのことなので、日高自動車道も走りました。日高自動車道はこんな感じで、かなり路面が荒れています。


日高自動車道


日高自動車道走行後、本線に戻って進みます。線路が併走しているのですが、こんな場所を発見。この線路はJR日高本線なのですが、日高本線は 2015 年の高波被害で土砂流出が起き、その影響で廃線になっています。ここも被害のあった場所のようです。日高本線は、まだ線路が見られますが、もう列車は走っていません。


JR日高本線


そして浦河町のゴール地点です。ゴール地点の交差点をよく見ると、歩道に道路元標があるのです。写真では左下に写っています。


道路元標の位置


上から見るとこんな感じです。こんな所に道路元標があるとは。でも写真に撮れて満足です。


道路元標


235号は日高自動車道があったこともあり、すごく長距離走っています。オドメーターから計算すると、1日に 355 km ほど走っています。350 km とは、さすが北海道! 本州の国道ではこうはいきません。





 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 コンピュータ 写真 映画