UA-147249860-1 OS X Mavericks: この道の続く場所

« MOTOR FAN illustrated Vol.85 | トップページ | R105 »

OS X Mavericks

MacPro を Mavericks に更新しました。
結構時間かかりましたが、無事終了。
なんか全般的に動作がキビキビするようになった気が。
気のせい?(^_^;)
しかし何点か問題が、、、、

一つ目は、Silkypix。
なんと起動しません。
ダウンロードページ見ると、
http://www2.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/download/dl_dsp5mac.cgi
本日の時点で、Mavericks 対応版の提供日程は未定となっています。
困ったなぁ。。。
その他の私の普段使っているアプリは問題無いようです。

二つ目は、Displaylink の USB 接続ディスプレイの問題。
LCD-8000U という機種で、私はこれを2つ繋いで主に Dashboard Widgets を表示するのに使っています。(常時表示モード)
しかし Mavericks に更新後、これに問題が。
問題のあることは、Displaylink のサイトで公開されていたので、
http://www.displaylink.com/support/ticket.php?id=354
まぁ、やはりダメか、と思っただけですが、、、
上の Displaylink のサイトではいろいろ書かれていますが、私の環境では次の問題が発生しています。
・マウスカーソルの動きが非常に遅い
・画面が更新しない
・再起動などした際、画面の位置を忘れてしまう

1つ目は、LCD-8000U の画面内でマウスカーソルの動きが引っかかるような、変な遅い動きになってしまうと言う問題です。一応動くので、使えないことはありませんが。。。

2つ目は、LCD-8000U の画面内に移動したウィンドウが表示されない、という問題です。一度 Mission Control とかを起動すると画面が再描画され、表示されるようになります。また、私は Dashboard Widgets を常時表示(デベロッパー)モードでいつも表示させているんですが、これがまったく表示されなくなってしまいました。(私はいつも Widgets を表示させたいので、Dashboard は操作スペースとして使用していません。)

Mavericks からは、複数ディスプレイを繋いだ場合の操作がいろいろ改善されていて、これに期待したのですが、どうもその改善の副作用が出ているようですね。

システム環境設定→Mission Control の「ディスプレイごとに個別の操作スペース」のチェックを外すと、Widgets も表示されるようになり、まぁ使える状態になります。ただしやはり更新は正しく行われず、LCD-8000U の画面内に Widgets を移動させた直後は表示されず、2度目からは表示される、という動作です。LCD-8000U の画面内で移動させてもやはり Mission Control などを起動するまで正しい位置に表示されません。もちろん Wdgets が自前で更新している自分のウィンドウ内の情報もこのような手動での更新を行うまで画面に反映されません。
むむむ。困ったなぁ。

3つ目は、複数の LCD-8000U を配置している位置が再起動時に失われてしまい、再起動や、ログインし直したときなど、システム環境設定→ディスプレイの「配置」で毎回位置を直さなければならない、というものです。これは普段は使わないときはスリープさせているので、再起動などの機会はそんなには多くなく、まぁ我慢できますが、、、

Displaylink によるとこの問題は、Apple 側の後退不具合だそうなので、問題の解決は、Apple の努力にかかっているようです。10.9.1 で修正されることを希望します。m(_ _)m

2013.10.27 追記:
スリープさせても  LCD-8000U の位置を必ずしも憶えているわけではないようです。憶えている時もあればそうで無いときもあり。。。どうも憶えていない場合の方が多い感じです。ううん、困るなぁ。。

|

« MOTOR FAN illustrated Vol.85 | トップページ | R105 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OS X Mavericks:

« MOTOR FAN illustrated Vol.85 | トップページ | R105 »