UA-147249860-1 HP Mini 2133 その1:購入: この道の続く場所

« 四国完了! | トップページ | HP Mini 2133 その2:OSの設定 »

HP Mini 2133 その1:購入

HP Mini 2133 買いました。
http://h50146.www5.hp.com/products/portables/mini_note2133/
Eee PC 以来最近増えた、ウルトラモバイルPC(UMPC、ULCPC とも)の HP 版です。似たような製品が各社から出ていますが、これを買った決め手は、
・画面解像度が 1280x768 ある。
・ハードディスクが 160GB ある。
の2点です。

画面解像度が横 1280 出るのは他に FMV LOOX があります。
http://www.fmworld.net/fmv/pcpm0808/biblo_loox/lu/index.html
この製品は 1280x800 出るのですが、また 565g と超軽いのですが、メモリ増やすなどして 2133 と似た仕様にすると 16万円近くなってしまい、2133 の約倍の値段になってしまうのです。
また、画面解像度が高いのはいいんですが、この解像度が 5.6 インチのモニタに表示されるのです。5.6 インチだとちょっと文字が小さい、、、解像度低くすれば、という話しもありますが、それじゃ何のための 1280x800 なのか、、、

その他には Gigabyte から M912X という機種が出ています。
http://www.tsukumo.co.jp/gigabyte/note/M912X.html
http://www.gigabyte.com.tw/Products/Notebook/Products_Spec.aspx?ProductID=2835
これも良さそうですが、、、こいつは実物を調査に行ったときに見かけなかったので、触れられずじまいで、詳細が判断できませんでした。

本当は7月中に買おうと思ってたのですが、7月中は人気があるのか欠品していて、8月末に再度販売開始されたので、これで購入です。7月のモデルは英語キーボードだったんですが、8月のモデルからは日本語キーボードに変わっています。ラッキー!

バッテリーは、4セルのものと6セルのものが付属します。4セルで2時間少し、6セルで3時間程度動きます。このクラスの製品としては、ちょっと短いですね。(先の FMV LOOX なんか、標準バッテリーだけで5時間動きます。)
最近の UMPC はほぼ例外なく Intel の Atom 搭載ですが、2133 は VIA の C7-M ULV というあまり聞いたことのない CPU を使っています。バッテリー持続時間が短いのはこの辺と関係あるのでしょうか。

2133 の特徴は、しっかりしたキーボードがついていることです。筐体のサイズがキーボードのサイズから決ったと思えるような、横幅いっぱいのキーボードで、押し込み感はちょっと独特のものがありますが、たとえば膝の上などに置いて使っても、特に問題ありません。それもそのはず、キーボードの横幅は、今使っている Apple の標準デスクトップ用キーボードのフルキー部分の横幅とほぼ変わりません。5ミリくらい短い程度。気になるのはちょっと「変換」キーの幅が狭い程度です。(矢印キーを格納するため最下段のキーの幅は狭くなっています。)変換キーは、Atok のオン/オフにカスタマイズしてあるので、とてもよく使います。

これまで泊まりで撮影、国道走行などに出るときは、デカい Dell のノートと Epson のフォトストレージをもって出ていました。フォトストレージはともかく、Dell のノートが重くてデカくて、結構苦痛だったのですが、これでこの2つが 2133 に統合されて、ずいぶん楽になります。
(フォトストレージの代わりにもするため、今回の選定に当たっては、SSD 搭載モデルははじめから選択肢に入っていません。)

|

« 四国完了! | トップページ | HP Mini 2133 その2:OSの設定 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP Mini 2133 その1:購入:

« 四国完了! | トップページ | HP Mini 2133 その2:OSの設定 »