UA-147249860-1 プロ論3: この道の続く場所

« R131, 132, 133 | トップページ | 垂直の記憶 »

プロ論3

「あなたの仕事はプロの仕事といえますか?」

仕事と趣味の違いは?
それは、お金をもらうかもらわないかでしょう。

そして仕事の「質」は?
もらったお金に相当していますか?

人様からお金を頂戴して仕事をしている以上、その対価に見合ったアウトプットを出すべきです。それができて始めて、その仕事は「プロ」の仕事と言えます。たとえ会社から「給料」という形でお金をもらっているとしても、その給料以上の仕事をしていないと、それは単なる給料泥棒です。

質の高いアウトプットを出すためには何が必要?
それはたぶん「モチベーション」です。常に自分の仕事に対して高いモチベーションを保ち続けること、それが質の高いアウトプットに必要でしょう。

「プロ論」は1,2 と来て、今回3冊目です。すべて読みました。中にはつまらない話もありますが、総じてモチベーションを高めるのに役に立ちます。「また明日も負けないように頑張ろう」、そういった気にさせてくれます。

|

« R131, 132, 133 | トップページ | 垂直の記憶 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ論3:

« R131, 132, 133 | トップページ | 垂直の記憶 »