R22

道のページ の更新です。

今回は 22号線 です。

22号線は愛知県名古屋市熱田区の熱田神宮前交差点で1号線から始まり、愛知県内を北上し、岐阜県岐阜市の21号線上で茜部交差点に至るまでの国道です。

今回は名古屋市熱田区から岐阜県岐阜市へと走行しています。

22号線は 37 km と短い国道なので、すぐに終了しました。しかも名古屋と岐阜を結ぶ重要路線のため、ヘンな場所はあまり無く、順調に走れました。

次の写真はスタート地点の熱田神宮前交差点直後の様子です。起点を示すキロポストが立っています。スタート直後は19号線とも重複しているので、19号線と22号線と、両方の記述があります。

右に見えているは熱田神宮ですが、結構な森です。

熱田神宮前交差点

そしてさらに進んで名古屋城の南西部です。正面に見えているのは名古屋城の一部です。
前半は名古屋市内を走っていますが、思ったより森っぽい景色が多いですね。

名古屋城南西

そして中盤、終盤は名古屋高速、21号線岐大バイパスのの下を通ります。こんな感じの場所が多かったですね。

名古屋高速と併走

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R363

道のページ の更新です。

今回は 363号線 です。

363号線は愛知県名古屋市名東区の引山交差点で302号線(名古屋第二環状自動車道)から始まり、愛知県、岐阜県を東北へ進み、岐阜県中津川市の中村交差点で19号線に至るまでの国道です。

今回は岐阜県中津川市から愛知県名古屋市へと走行しています。

ここでは道路以外のものを少し。

一つ目は、岐阜県恵那市岩村町。ここには 古い町並み が保存されているようです。

岐阜県恵那市岩村町

ちょっと古くて良い感じのお店が並んでいます。

古い町並み

次は壺。
これは、419号線が分岐する手前で発見。世界一の茶つぼ と言うようです。

世界一の茶つぼ

デカいです。(^_^;)

茶つぼ

363号線は 80 km ほどの国道なので、サクッとすぐに終了しました。岐阜県内に一部酷道っぽくなったところもありましたが、全般的には走りやすかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R418

道のページ の更新です。

今回は 418号線 です。

418号線は福井県大野市の476号線上の上新明交差点から始まり、福井県内を南下し、岐阜県を横断して、長野県飯田市で152号線に至るまでの国道です。

今回は福井県大野市から長野県飯田市へと走行しています。

418号線は、前半戦で酷道の誉れ高い(?)157号線と 70 km 以上重複しており、その核心部の温見峠越えの行程も含まれます。その上157号線から離れても通行止めや酷道区間などイベント多数でとても忙しい酷道です。(^_^)/

写真一つ目は通行止めの様子。これは岐阜県八百津町から同じく岐阜県恵那市笠置町の間の通行止め区間の、笠置町側の様子です。笠置ダムのそばを通りすぎたすぐ先でこんな感じにゲートがあります。418号線本編のページではゲートの写真だけ載せていますが、こちらにはクルマも一緒に写したものを載せてみました。

通行止め

ここは土砂流出の恐れのため立入禁止なんだそうです。今後この先が通れるようになる日が来るのでしょうか? ここは近く(北側)にバイパスが建設されているので、もうこのまま廃道になってしまうような予感がします。

立入禁止

次はゴール地点手前の 美容室 の様子です。美容室なのに何故かウルトラマンやゴジラの石像が。(^_^;)

美容室

そしてその裏には 南信濃海洋センター があります。こんな山の中に「海洋センター」とは、なんだか不思議な気がしますね。

海洋センター

418号線は、ミスで(笑)前半の温見峠超えが走れませんでした。またここは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R364

道のページ の更新です。

今回は 364号線 です。

364号線は福井県大野市の158号線上の明治交差点から始まり、北上して石川県加賀市の黒瀬交差点で8号線に至るまでの国道です。総延長 62.8 km で、短めの国道です。

今回は加賀市から大野市へと走行しています。

途中にダムがあります。我谷ダムで、天端を国道が通過しています。ちょっと珍しい。

我谷ダム

ダムからの放流の様子です。この日はかなり雨が降っており、そのせいか、じゃんじゃん放流されていました。

放流

ダム湖は「富士写湖(ふじしゃのうみ)」という名前で、近くにある富士写ケ岳からついた名前のようです。

富士写湖

遠くに赤い吊り橋が見えます。結構長いですよね。これは我谷吊橋という吊橋で、歩いて渡る橋です。これ歩いて渡るのですか。ちょっと怖そう。

赤い橋

364号線は途中に永平寺があり、永平寺へ行くための道路、という印象です。でもそれ以外にもこの我谷ダムとか色々あり、短い割に楽しめた国道でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R365

道のページ の更新です。

今回は 365号線 です。

365号線は石川県加賀市の黒瀬交差点で8号線から始まり、日本海沿いを南下した後内陸に進み、越前市経由で福井県内を南下した後、滋賀県、岐阜県を通過して、三重県四日市市の四日市橋南詰交差点で1号線に至るまでの国道です。

今回は四日市市から加賀市へと走行しています。

走行の様子は本文参照、と言うことで、ここでは面白いものを載せます。

滋賀県から県境を越えて福井県に入った直後、「今庄365温泉スタンド」というところがあります。小さな駐車場があり、その隣にこんな感じのベンチ(?)があります。

今庄365温泉1

「今庄365温泉」とあります。ここから温泉が出ているのでしょうか。足湯と言うには湯が少なすぎる気がしますが、これは一体何???

今庄365温泉2

そして駐車場の反対側にはこんな施設があります。

温泉スタンド1

中央に操作器(?)があって、両端にホースが設置してあります。どうやら右側は壊れているようで、動くのは左のみのようです。100円入れると、4分/100リットル出てくる、と書いてあります。え、出てくる? 温泉が買えるのですか? すごい自販機ですね。(@_@)

温泉スタンド2

365号線は、こんな所に結構長い(200km以上ある。しかも石川、福井、滋賀、岐阜、三重と5県にまたがる。)国道があったのか、と思えるような、ちょっと意外な国道でした。(私だけ?(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R477

道のページ の更新です。

今回は 477号線 です。

477号線は三重県四日市市蔵町で23号線から始まり、三重県、滋賀県を西進し、京都府を横断した後、南下して、大阪府池田市の石橋阪大下交差点に至るまでの国道です。

今回は大阪府池田市から三重県四日市市へ走行しています。

477号線と言えば「百井別れ」です。京都の山の中のとてもヒドい(笑)道です。百井別れの写真は447号線のページにいくつか載せたので、そちらでご覧ください。ここではその他のヒドいヤツを。
これは百井別れをすぎて少し滋賀県側へ進んだところで見つけた折れた電柱です。簡単に補修してあるようですが、なんでこんな酷いことに。(^_^;)

折れた電柱

そしてそのすぐ近くでは、川の反対側の崖が派手に崩れています。雨で崩れたのでしょうか。しかし、道路に被害が無くてよかったです。

がけ崩れ

その他、三重県の県境に近い滋賀県でダムが2箇所あります。どちらも国道のすぐ近くですぐに行けます。一つ目は 蔵王ダム。蔵王というと山形っぽく、本当に山形にも蔵王ダムがあるようですが、このダムは滋賀県です。ロックフィルダムですね。

蔵王ダム

続いてもう少し三重県側にある 野洲川ダム。放流されていましたが、水が流れる様子がとても滑らかで美しかったです。

野洲川ダム

477号線はハイライトは百井別れですが、それ以外もとてもイベントの多い、忙しい国道でしたね。楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新名神の緑の輪

新名神の高槻JCTと神戸JCTが今年3月18日に開通しました。
NEXCO 西日本が 開通1ヶ月後の状況 を報告していますが、何と渋滞9割減なんだとか。効果絶大ですね。神戸JCT付近とか、宝塚周辺とか、随分渋滞したものですが、これでここもスムーズに走れそうです。

私もこのゴールデンウィークに、この区間を走ってみました。確かにスムーズに走れますがしかし、トンネルばっかり。(^_^;)

そしてトンネル通行中、よく見ると、トンネルの中に緑の輪があるのです。こんな感じ。

緑の輪

上部の照明が一部緑になり、その部分だけが緑の輪っかに見えます。

しかもよく見ると、この緑の輪、動いているのです。つまり、緑の照明部分が次々と変わっているのです。どうやら時速約 100 km で進行方向に進んでいるっぽい。LED 照明だからできる技でしょうか。

と言うことはつまり、走っていてこの輪っかに追いついてしまうとスピード出過ぎ、と言うことか。

なるほど、よくできていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R51

道のページ の更新です。

今回は 51号線 です。

51号線は千葉県千葉市の広小路交差点から始まり、千葉県を北上して茨城県に入り、さらに茨城県内を北上して水戸市の水戸駅前交差点に至るまでの国道です。

今回は水戸市から千葉市へ走行しています。

51号線も色々ありましたが詳しくは51号線のページ本編で。
ここではゴール地点近くのヘンな(?)ところを紹介します。

今回は終点→起点へと逆走しているので、ゴール地点は起点の千葉市です。
51号線は下の地図で右上から出てきて、A 地点で右折し、B → C → D → E と進みます。E がゴールの広小路交差点です。

千葉市

でもこれ、どうみても A で右折せず、F 地点経由で D → E と進んだ方が自然に見えませんか? A → B → C → D の区間はちょっと細目で、下のような感じの道です。裏道間が漂っています。(^_^;) こっちが51号線になっているのには、何か深い理由があるのかもしれません。

ちょっと細め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R124

道のページ の更新です。

今回は 124号線 です。

124号線は千葉県銚子市の銚子大橋前交差点からら始まり、利根川を渡ってすぐに茨城県に入った後、茨城県内を北上して水戸市の水戸駅前交差点に至るまでの国道です。

今回は銚子市から水戸市へ走行しています。

スタート前に、銚子大橋の写真撮りました。写真は銚子大橋の少し東の河岸公園から撮っているのですが、そのすぐ東には銚子漁港があって、漁船がこんなにたくさん泊まっていました。かなり向こうまで漁船が続いていますよ。

銚子漁港

そしてこの場所からは銚子大橋がこのように見えます。全景を見るにはとても良い場所ですね。

銚子大橋

そして次の写真は、一気に進んで、ゴール地点の水戸駅前にある、ご老公ご一行の像。さすが水戸と言えばご老公。立派な像がありました。このご老公は「誰」がモデルなんでしょうね?

ご老公ご一行

124号線は鹿嶋市で51号線に合流すると、終点まで51号線と重複しています。そのため124号線の単独区間は、51号線合流以前の 35 km ほどしかありません。つまりほとんど51号線じゃん、という国道ですね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R126

道のページ の更新です。

今回は 126号線 です。

126号線は千葉県銚子市の銚子大橋前交差点からら始まり、千葉県内を西進して、同じく千葉県千葉市の穴川インター交差点で京葉道路と16号線に至るまでの国道です。

今回は千葉市から銚子市へ走行しています。

国道は本編のページで見てもらうとして、ここでは灯台の写真を載せます。

一つ目はこの日のゴール地点の銚子大橋前交差点です。手前の歩道橋の上から撮っています。奥に銚子大橋が見えています。銚子大橋は次の日に通ります。

そしてここから犬吠埼灯台へ向います。

銚子大橋前交差点

途中、こんな灯台(?)を発見。銚子大橋前交差点から東へ 650 m ほど進んだ場所です。

灯台?

そしてこちらが本当の犬吠埼灯台。とても灯台っぽい灯台ですよね。

犬吠埼灯台

犬吠埼灯台は上まで登れます。太平洋が一望できます。そして反対側を見るとお土産屋さんとその前の通路が見えます。クルマもたくさん止まっています。ここって駐車場???

灯台から

もう夕方で、見学時間ギリギリで、資料展示館を見てたりすると、入口の鍵を閉められてしまいました。ちゃんと灯台見たかったら、もうちょっと早く来いってことですね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | コンピュータ | 写真 | 映画 | |