« ニューモデル速報 第576弾 新型センチュリーのすべて | トップページ | R418 パート2 »

人形の国(3)

前巻の終わりで、なんだか強そうなのが出てきて、どうなることかと思いきや、本巻では(激しいながら)サクッとやっつけてしまいます。なんだかんだと、グタグダせずに、さっさと戦闘が終わってしまうのはとてもスピーディーで気持ちいいですね。
この巻ではイルフ・ニクの王のカジワンの暴走や、リドベアの皇帝の出現があり、ストーリーが次の段階へ進んだような巻です。今後彼らの関係はどう展開していくのか。そして中央制御層と人類の関係は?「恒差廟」とは?謎を孕みながら次巻へ進みます。(恒差廟はアバラでも出てきましたが、本作では何なんでしょうね。)

|

« ニューモデル速報 第576弾 新型センチュリーのすべて | トップページ | R418 パート2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/67146887

この記事へのトラックバック一覧です: 人形の国(3):

« ニューモデル速報 第576弾 新型センチュリーのすべて | トップページ | R418 パート2 »