« R456 | トップページ | フジツボ―魅惑の足まねき »

アマゾネスのように

1990年の年末〜1991年にかけての乳ガンの闘病記です。
しかし全然「闘病記」らしくありません。さすがに手術前後はちょっとおとなしいですが、それ以外はまったく元気で、何だか好き放題書いているという感じで す。次から次から流れるように言葉が綴られます。このへんはさすが中島梓(栗本薫)です。とても滑らかで、止まることなくどんどん読めます。そして面白い のが、なんだかやたら食べ物の話が多いこと。
ただ、やはりガンになったのは事実で、ちょっと彼女の死生観も語られます。とはいえ、本のタイトルが「アマゾネスのように」ということから想像できるよう に、「片方の乳房が無いことくらいなんぼのもんじゃい」(右乳房の全摘出をしています)とか、「和服着るときはこっちの方がすらっとして格好いい」とか、 さすがです。
このあと彼女のガンとの対決は「ガン病棟のピーターラビット」「転移」と続きます。。。

|

« R456 | トップページ | フジツボ―魅惑の足まねき »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/62901370

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾネスのように:

« R456 | トップページ | フジツボ―魅惑の足まねき »