« 吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 | トップページ | Motor Fan illustrated Vol.106 »

愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (8) オデッサ編

本巻では、イギリスを発ったホワイトベースがジブラルタル経由で地中海に入り、オデッサの決戦に臨み、決戦に勝利するところまでが描かれます。
しかし面白いです。The Origin はどの巻を読んでも素晴らしいです。
この巻では、カイとミハルのエピソードが描かれます。皮肉屋カイくんが唯一(?)主役を務めるエピソードですね。ファースト・ガンダムでは、このエピソー ドにしても、はじめにホワイトベースに収容される民間人のエピソードにしても、軍人ではない一般人の話しが丁寧に描かれていて素晴らしいです。この辺が ファースト・ガンダムが乱造される有象無象の似たようなお話しとは一線を画している点です。
そして何と言っても戦闘シーンが迫力満点です。何だか吹っ切れた感のある、つまりニュータイプとして覚醒した(?)アムロが1人でドム2個中隊を殲滅するシーンとか、オデッサの決戦シーンとか、素晴らしいです。
そして舞台は宇宙へ。次巻も楽しみです。

|

« 吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 | トップページ | Motor Fan illustrated Vol.106 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/61892751

この記事へのトラックバック一覧です: 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (8) オデッサ編:

« 吸血鬼ハンター29 D―ひねくれた貴公子 | トップページ | Motor Fan illustrated Vol.106 »