« Motor Fan illustrated Vol.102 | トップページ | 日本語にとってカタカナとは何か »

機動戦士ガンダムUC (6) 重力の井戸の底で

第6巻は、地上編です。地上も地上、砂漠の話から始まります。
ファーストガンダムでも砂漠の話しが結構ありましたが、それを彷彿させますね。
しかしガッツリ砂漠です。こんなにしっかり砂漠の話が書かれるとは。
そして後半は、首都ダカールでの戦闘。
なんだか巨大なモビルアーマーが大暴れです。
そして最後に黒いモビルスーツの登場。
この巻も面白いです。
ブライトさん出てきたり、そこここにファーストガンダムのネタもちりばめられていて、楽しめます。
しかしバナージは連邦側に付いたり袖付きに付いたり、一体ナニモノ(?)(^_^;)

 

|

« Motor Fan illustrated Vol.102 | トップページ | 日本語にとってカタカナとは何か »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/61332353

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムUC (6) 重力の井戸の底で:

« Motor Fan illustrated Vol.102 | トップページ | 日本語にとってカタカナとは何か »