« 機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 | トップページ | Canon PowerShot G7 X »

愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN vol.1 始動編

「過去編」5、6、7巻と読んで、1巻に戻って来ました。
1巻はサイド7から始まり、ホワイトベースがルナツーに行き、さらに地上に降下するまでが描かれます。
過去編は全くのオリジナルストーリーでしたが、この1巻は既存の話しなのでどうなるのかと思っていましたが、なるほど。こうなるのですか。テレビ版とはやはりいろいろ違いますが、でもガンダムだなぁ、と思います。(安彦さんが書いているから当然といえば当然なのですが。)
最後は大気圏突入の様子が描かれますが、ちょうど一つ前に読んだガンダムUCの5巻でも最後が大気圏突入でした。比べてみるとやはり、ファーストガンダムのこの場面があってこそUCの5巻なんだなぁ、という気がします。
いや、どの場面を取ってもそうですが、それだけガンダムって本当よくできていますね。

 

|

« 機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 | トップページ | Canon PowerShot G7 X »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/61279402

この記事へのトラックバック一覧です: 愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN vol.1 始動編:

« 機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 | トップページ | Canon PowerShot G7 X »