« 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VII ルウム編 | トップページ | 機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 »

ニッポン景観論

色々な道を走っていると、よくこんな所に道路通したなぁ、と思えるような場所を通ることがあります。それは山の中だったり、海沿いだったり様々です。もち ろん現地の人の生活に欠かせない道路も多いのですが、なんでこんなとこにこんな巨大な道路??と思える場所も多々あります。

森の上の道路

日本は土建国家なので、なんだかんだと理由を付けて土木工事をやりたがるのです。
でもそれで良いのか。
明治維新以来、そして特に終戦以来現在に至るまで、日本は必要性の不明な土木工事で、伝統的で美しい景観を壊してきました。この本はそのことをとてもよくわか らせてくれます。特に写真が多いので、ははぁ、コリャダメだなぁ、と一目瞭然。こんなの見る度に、現代日本人って底が浅いなぁ、と思ってしまいますね。
写真が多いのでどんどん読めます。是非皆さんもご一読ください。

 

|

« 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VII ルウム編 | トップページ | 機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/61225677

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン景観論:

« 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VII ルウム編 | トップページ | 機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 »