« R395 | トップページ | Motor Fan illustrated Vol.98 »

曲がり角の日本語

なんだか今ひとつわかりにくい本でした。
言葉は常に変わりゆくもので、そのこと自体は否定できません。一方、変わっちゃマズいものもあるのでは。最近の日本語は、その「変わっちゃマズいもの」が 変わってしまっているのではないか。つまり、近年の変化は、何か一線を越えてしまっているのではないか。そのあたりに切り込んだ内容を期待したのですが、 あまりそういった内容はありませんでした。ちょっと残念。
近年の表現は「責任回避」の表現であるとか、活用語尾は分数のかけ算と同じで、約分できるとか、独自の研究結果(?)のあたりは楽しく読めました。

 

|

« R395 | トップページ | Motor Fan illustrated Vol.98 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/60774469

この記事へのトラックバック一覧です: 曲がり角の日本語:

« R395 | トップページ | Motor Fan illustrated Vol.98 »