« 機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) | トップページ | 新型コペンのすべて »

吸血鬼 お役者捕物帖

「吸血鬼」というタイトルなんでどんな内容かと思えば、江戸を舞台にした捕物帖。現代風に言うと探偵ものですね。しかも主人公は絶世の美女(?)の女形。
内容は短編が8本。読み進めるとなんだか、テレビの連ドラを見てるみたいだなぁ、と思ってましたが、作者もそのつもりで書いたのだとか。1つ1つは、サク サクとカタが付くのですが、本1冊を通して裏を流れている話がある、という感じですね。この本の続きに「地獄島」という長編が控えていて、そこでこの「吸 血鬼」で撒かれた謎が解明される、ということになっているそうです。(早速「地獄島」も買ってみました。)
この話は昭和58年(1983年)頃に書かれたもので、1983年というと、栗本薫30歳です。例によって後書きがついているのですが、なんだか「若さ」が感じられて、ちょっと可愛いです。(^_^;)

 

|

« 機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) | トップページ | 新型コペンのすべて »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/60260617

この記事へのトラックバック一覧です: 吸血鬼 お役者捕物帖:

« 機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) | トップページ | 新型コペンのすべて »