« 粘菌 その驚くべき知性 | トップページ | 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち »

ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物

「ぞわぞわした」とは足のいっぱい付いている節足動物のイメージでしょうか。
何故か甲殻類以外の節足動物は人には嫌われていますが、実は種の数で言えば地球上の生物のうち90%近くは節足動物なんだそうで。つまり地球は節足動物の星と言っても過言では無いのです。
この本ではもう滅亡したものから現生のものまで節足動物がたくさん紹介されます。中には2メートル近いヤツもいたとか。凄いです。笑 でも巨大化はそのあたりが限界で、ナウシカの王蟲のようなヤツは存在できないようで。ちょっと残念。

 

|

« 粘菌 その驚くべき知性 | トップページ | 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/59663343

この記事へのトラックバック一覧です: ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物:

« 粘菌 その驚くべき知性 | トップページ | 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち »