« 吸血鬼ハンター27 D―貴族祭 | トップページ | 粘菌 その驚くべき知性 »

Motor Fan Illustrated, Vol.91

今号の特集は X by wire。
先日発売のスカイライン、ついに Drive by wire ですよ。運転中はハンドルとタイヤが直結してないという恐ろしい(^_^;) クルマです。そして最後に残るのがブレーキ。既に技術的には問題なく、ブレーキが by wire 化されるのも時間の問題となっています。どこが初めにやるんでしょうか。興味深いです。
しかし、by wire 技術の特集で NAVI5 を出してくるところが MFi ですね。なんとも懐かしぃ。

 

|

« 吸血鬼ハンター27 D―貴族祭 | トップページ | 粘菌 その驚くべき知性 »

」カテゴリの記事

コメント

初めまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
ブレーキのBy wireですが、実はすでに商品化されております。最初はメルセデス・ベンツのSL(R230)で、確か2001年のデビューです。
その後はEクラスにも採用されましたが・・いろいろと総合的に判断されてフェイスリフトで変更になりましたが。
あとトヨタのハイブリッド系もBy wireです。こちらは今でも採用されていますね。運転好きには不評なフィールですが。

投稿: Lazy DUKE | 2014年5月16日 (金) 18時01分

こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですか。Brake by wire は既にありましたか。情報ありがとうございます。
ということは最後に残っていたのは Steer by wire なのですね。
その昔、カメラが電子化されたときに、電池が無いと動かないカメラなんて、、、という意見がありましたが、今や電池は必須です。クルマの By wire 化も今はまだ色々問題もあるのかもしれませんが、そのうち当たり前になって、昔はすべて機械的に繋がっていて云々、、、と言うことを語られるようになるんでしょうね。そんな気がします。

投稿: | 2014年5月18日 (日) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/59596711

この記事へのトラックバック一覧です: Motor Fan Illustrated, Vol.91:

« 吸血鬼ハンター27 D―貴族祭 | トップページ | 粘菌 その驚くべき知性 »