« Windows7 から Mac の共有フォルダーにアクセスできない | トップページ | グインサーガワールド2 »

朽ちていった命 ー被曝治療83日間の記録ー

1999年9月に、茨城県東海村の核燃料加工施設 JCO 東海事業所で、臨界事故がありました。この事故では、作業者の方2名が、致死量の何倍もの放射線を浴びて亡くなりました。この本は、この亡くなった方のうちの一人、大内久さんが、臨界事故によって被曝してから亡くなるまでの83日間の記録です。

被曝直後はごく普通に受け答えもできていて、また、見た目にも何の問題も無さそうに見えた大内さんですが、彼の遺伝子は被曝したその瞬間に既に破壊されており、組織の再生ができなくなってしまっていたのでした。免疫機能も同時に失われており、入院時、既に危機的な状況でした。
医療チームは当時の最先端の知識をもって臨みますが、連日、大内さんの体は壊れていき、ついに83日後に力尽きます。

放射線被曝とは何と恐ろしいものでしょうか。生物の生物たる根本を破壊してしまうのです。
未曾有の原発事故に直面している日本人はみんなこの本を読んでおくべきです。放射線被曝で何が起きるのか、しっかり確認しておくべきです。

|

« Windows7 から Mac の共有フォルダーにアクセスできない | トップページ | グインサーガワールド2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210449/52483190

この記事へのトラックバック一覧です: 朽ちていった命 ー被曝治療83日間の記録ー:

« Windows7 から Mac の共有フォルダーにアクセスできない | トップページ | グインサーガワールド2 »