新装版 BLAME!(2)

第2巻です。スゴいです。
この巻ではシボとキリイの二人で進みます。敵はセーフガード。「統治局」はどうも味方のようですね。
そして電基漁師が出てきます。あぁ、これが映画の電基漁師の元ですね。
進むにつれて少しずつ色々な情報が明らかになっていきますが、、、
しかし全般的に説明的なところが少なく、付いてこられる人だけ付いてくれば良い、という作りで、とても「ハード」です。私は「シドニア」から来た人ですが、シドニアとは大違いです。でもハマると抜けられないでしょうね、これ。
この本は「新装版」で、かなり大きい(B5)のですが、もっと大きな絵で読みたいような迫力満点です。映画にしたくなる気持ち、わかりますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型 リーフのすべて

2代目リーフです。
何たって、格好良くなりましたね。初代はとにかく格好悪かった。特に顔つき。2代目はシャープな感じで、とても良いですね。
でも、格好は変わっていますが、実はプラットフォームは先代からキャリーオーバーなんだそうで。それは、このプラットフォームがよくできていた証拠か、それとも新規に作り直すほど先代が儲からなかった証拠か、、、、
でもそのスタイリングのためでしょうか、初代よりずっと「普通のクルマ」に見えます。EV も「EVだから」買うというレベルから「良いクルマだから」買う、という領域に入ってきた(日産はそうしたい)ように見えますね。この辺がテスラや BMW i シリーズなどとはちょっと違うところでしょう。
しかしいかんせん、ちょっと高い。400万円しますよ。ランニングコストが安いとはいえ、せめてあと 100 万円くらい安くなれば、、、
それでも日産には、化石燃料燃やして走るクルマ根絶に向けて頑張ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装版 BLAME!(1)

弐瓶勉初期の作品です。
はじめはちょっと面食らいますが、面白いです。
なんだかわからない巨大な建造物の中を彷徨う。進んでも進んでも終わりがない。それでもひたすら進む。こういうのが、弐瓶勉に共通するモチーフですね。
台詞が少なく絵だけで状況を認識する必要があり、マンガなのに小説のような感じもします。
それでも後半は人もたくさん出てきて、「会社」も出てきましたね。
この後どうなるでしょうか。
BLAME! は映画にもなっていますが、映画のあのシーンはこういうところから来てるのか、と思わされる場所が色々あります。そういう発見も面白いですね。
ところでこの本は「新装版」。デカいです。
でもこのくらいの大きさが絵のスケール感が感じられて良い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔剣〈玄武ノ巻〉

1981年の本です。
江戸時代の話とあって、読み慣れた栗本薫とはちょっと違う文体です。でもすらすら読める感じはやはり栗本薫と言うべきか。
出だしから終わりまで次から次へとめまぐるしく色々なことが起こり、大変です。でもわかりやすく、ぐっと引き込まれます。
この「玄武ノ巻」では風呂敷が広がりまくったという感じ。後半の「朱雀ノ巻」でこれがどう回収されるのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カースタイリング Vol.14

今回はなかなか良い写真が多かったですね。
Infinity Prototype9 にしても、BMW Concept Z4 にしても、Concept 8 Series にしても、Vision Mercedes-Maybach 6 Cabriolet にしても、名前がよくわかりませんが Rolls-Royce Sweptail にしても。
これだけ美しいものが見られれば満足。
特に最後のロールスロイスを上から見たのなんか素晴らしいですね。
あと、ちょっと趣が違いますが、スーパーカブも良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R342

道のページ の更新です。

今回は 342号線 です。

342号線は秋田県横田市の安田交差点で107号線から始まり、秋田県内を南東へ進み、岩手県を横切った後、宮城県に入り、宮城県登米市で45号線に至るまでの国道です。

この国道で1番印象的だったのはやはり祭畤(まつるべ)大橋でしょう。詳しくは本編のページで見てもらうとして、ここでは新しい橋などの写真を載せます。

写真右の橋が新しい橋。中央左上に見える赤い屋根の手前から崩落した旧祭畤大橋まで行けます。そして写真左下にも橋が見えています。これは、落ちた初代の橋のさらに前に使われていた橋のようです。かなり錆びていて、あそこまで行く道路ももう無いようですが、まだ見られます。

祭畤大橋

次。終わり近くで、13号線に合流する前の、このあたり で撮った写真です。

なる仙くん

橋(田子内大橋)の欄干に謎のキャラクターが乗っています。これ、「なる仙くん」じゃないかと思うんですが、でも なる仙くん とはちょっとデザインが違うのです。なる仙くん じゃないのかなぁ???

田子内大橋

最後は信号機。これは今回のゴール地点(起点の安田交差点)のものですが、なんだか見慣れないカバーが付いています。珍しいですね。雪よけでしょうか?

信号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R305

道のページ の更新です。

今回は 305号線 です。

305号線は石川県金沢市の武蔵交差点から始まり、石川県内を南西に進んだ後福井県に入り、日本海沿いを南下した後、少し内陸に入り、北陸自動車道の今庄IC入口に至るまでの国道です。

この国道は色々あって面白かったのですが、それは本編のページで見てもらうことにして、ここでは別の写真を。

一つ目は「鉾島」。これは、305号線が福井県に入って少し進み、日本海沿いに出たすぐ後の このあたり にあります。海から突き出したような岩がすごいですね。あの岩の上には祠があって、不動明王が安置されているそうです。上まで行けます。

鉾島

次は呼鳥門。本編のページではもっと接近した位置からの写真を載せていますが、これは少し離れたところから撮ったものです。こっちの方が全体の形がわかりやすいかもしれません。これが自然のトンネルとは恐れ入ります。

呼鳥門

3つ目は、ホノケ山トンネルの手前の横へ外れる道。
305号線はかつて点線区間がある、いわゆる点線国道でしたが、ホノケ山トンネルが 2013 年に完成して、点線区間がなくなりました。
ホノケ山トンネルの手前で、右へ外れる道っぽいものがあったので撮ってみました。これがひょっとして、かつての点線区間へ進む道なんでしょうか。

点線区間入口?

もうちょっと先を見てみると、すぐに舗装がなくなり、完全に山道です。
これが本当にかつての点線区間の入口だったとすると、この点線区間、恐るべし(^_^;)って感じですね。

点線区間へ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Motor Fan illustrated Vol.132

今号は「SKYACTIVE-X」。マツダが発表した HCCI エンジンについての特集です。
まぁまだわからないことも多く、推測で書いてあるところも多いようですが、面白かったです。面白かったのですが、、、
日産の可変圧縮比エンジンの発表の時にも思ったのですが、なんだかもう内燃機関の新技術ではあまり感動しなくなってしまいましたね。確かにこれからまだ当分は内燃機関が主流で徐々に電動化に進んでいく流れではあり、しばらくは内燃機関が重要であることには変わりないのですが、でももうこういうの、火が消える前の一瞬のきらめきのように見えてしまいます。
MFi もそれがわかっているのか、次号は「電気の力」がテーマです。
やっぱりこっちの方が楽しみかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Motor Fan モーターファン Vol.9

「激走!1万5000km」と称して、いろんなクルマで長距離を走ったインプレッションが載っています。う〜ん、何というか、紀行記という感じですね。悪くありませんが、モーターファンだったらもっと深く突っ込んだ何かが欲しかった気もしますね。
そして今号の酷道は157号線ではありませんか。偶然にも私もつい最近走ったばっかり。私は岐阜→福井→石川方向でしたが、記事では逆方向。記事読むとやっぱり思い出しますね。楽しかったです。
さらに、今号も「ブラインドテスト」が面白かったですね。クルマはスズキ・バレーノ。これを見抜くのはなかなか難しそうですが、それでも「スズキ」までは当てられるとは、すごいものです。感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R157

道のページ の更新です。

今回は 157号線 です。

157号線は石川県金沢市の武蔵交差点から始まり、石川県、福井県、岐阜県を南下し、岐阜県岐阜市茜部本郷交差点で21号線に至るまでの国道です。

この国道は、福井と岐阜の県境の温見峠を挟む部分が酷道として有名な国道です。道の様子は上のリンク先で見てもらうとして、ここでは洗い越しの写真を載せます。洗い越しとは、川と道が交差するところで、橋を架けるのがコスト的に見合わないときに、道の上に直接川を流してしまうもので、道路の上を川が流れています。国道の中でもあんまり見かけませんが、157号線にはたくさんあります。

まず一つ目。真ん中のちょっと凹んでいるところに川を流すのですが、でも水が流れていません。

洗い越し1

そして2つ目。ここでは水が流れていますが、でも道路の下に水路が通っていて、水は道路の下を流れています。これでも、洗い越し?

洗い越し2

3つ目。この部分、道路がコンクリートになっていて、ちょっと凹んでいます。洗い越しのように見えますが、そうじゃないかもしれません。

洗い越し3

4つ目。左の壁から水が垂れてきて、道路を横切って流れています。これは明らかな「洗い越し」でしょうか。

洗い越し4

5つ目。ここはしっかり水が流れていますね。

洗い越し5

6つ目。これもはっきりした洗い越しですね。水の流れている範囲が広いです。

洗い越し6

そして7つ目。左奥から水が滝のように流れてきているのがチラッと見ています。

洗い越し7

ひょっとしたら他にもあるのかもしれませんが、この7つの写真が撮れました。
珍しいものが撮れて満足です。\(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«優しい密室