MOTOR FAN illustrated Vol.130

今号は「剛性と強度」。なかなか難しいです。
「曲がりにくさ」と「壊れにくさ」ということでしょうか。
高張力鋼板ばっかり使えば良いってものでもない。何故色々な素材を組み合わせてボディを設計するのか。奥が深いです。でもこういう難しい記事が読めるのも MFi ならではですね。
しかもボディだけでなく、ハブとかステアリングとか部品の話まで出てきます。素晴らしいです。
その他、「歯車屋の見た世界」は、プリウスのトランスミッションの話しです。
これまた面白い。ほんと、よくこんな機械を生産していますね。その点はトヨタを尊敬します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幽霊時代

「幽霊時代」というタイトルですが、全編SFです。
「幽霊時代」「時計台」「ケンタウロスの子守唄」「水の中の微笑」「エンゼル・ゴーホーム」の短編5本収録。
栗本薫というと、私にとってはグインサーガだったり伊集院大介ですが、これ読むと、SF作家だなぁと思わせます。やはりこの人多才ですね。
収録5本とも、とても面白いですが、「古き良き」SFという雰囲気。書かれたのが1985年なので、さもありなん。でもこういう話しも良いものです。
あと、巻末の「解説」が夫婦共作というわけのわからない(^_^;)解説です。しかも自分の作品を自分で解説するとか、もう何でもアリ。笑わせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディQ2のすべて

#型破る のアウディQ2。
なかなか良いじゃありませんか。
なんだかこのサイズ、この形だと、SUV というよりも、ちょっと背の高い5ドアハッチバック、って雰囲気ですね。
ベンツGLAとルノー・キャプチャーとの比較記事があって、これ見るとGLAとキャプチャーはやっぱりSUV的雰囲気ですが、Q2はもうこれが普通じゃない? という気がします。
しかし、このクルマもナビがダッシュボードの上に鎮座してますが、ここに置くと、クルマの方向によっては反射光で画面が見えなくなりますよね。なんでみんなここに置くんでしょう??? それに比べて、バーチャルコクピットは素晴らしい。でもこれを触って操作するわけにはいかないですよね。どうやって操作するんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人ロック 鏡の檻 2巻

第2巻です。
「鏡の檻」の正体が明かされましたが、これは一体??
ストーリーはまだ展開途中という感じで、謎のカエル「デイモン」の話し、ゼクス・ロニの話し、そしてロックの話しの3つが平行しています。
今後これらがどう展開して収束していくのか、そして「流刑星」となった新ラフノールは?
謎が深まりながら次巻へ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Motor Fan モーターファン Vol.8

今号は「ニッポンのスポーツカー」。
やはりスポーツカーは良いですね。いろいろ載っていますが、期待は復活なったシビックでしょうか。新しいシビックは大きくなってしまって、もう昔のシビックではなく、かつてのアコードよりもデカいくらいですが、それでもこのやる気満々なスタイリングは素晴らしい。ちょっと欲しくなってしまった。
酷道は今回は国道299号線。ここもなかなか良さそうですね。
そして面白かったのは、「ザ・ブラインドテスト」。目隠しされてクルマに乗せられ、何のクルマか当てる、という、ウソみたいな記事です。自動車ジャーナリストの感性が問われる厳しい記事ですが、初回は何とボルボXC90 を当ててしまいました。自動車ジャーナリストはクルマの何をどう感じているのか、そしてそれを「ちゃんとわかってるのか」、なんてところがわかって面白いです。次回は何のクルマが来るんでしょうね。楽しみな記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R343

道のページ の更新です。

今回は 343号線 です。

343号線は岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」付近の45号線から始まり、岩手県を西進して奥州市の中田町交差点で4号線に到達するまでの国道です。

この国道は 65.1 km と短い国道なので、すぐに終わってしまいました。また、取り立ててこれと言った特徴も無い(^_^;)国道だった気がします。スタート地点付近の奇跡の一本松を見てくればそれが一番の特徴になったかもしれませんが、今回は雨が降っていたこともあり、見ずにスタートしました。

例によって写真を載せます。一つ目はポール標識。

ポール標識

このポール標識は上に反射板が載っています。かなりデカい反射板ですね。これもちょっと珍しいかもしれません。

ポール標識拡大

そして次は砂袋。特に雪が多く降る場所でよく見られる砂袋の置いてある小屋みたいなヤツ。ここにもありました。ポール標識も隣にありますね。

砂袋

343号線はこの他、ループ橋などがありますが、そのへんは 343号線 のページで。

そしてこれで、岩手県があと457号線1本を残すのみとなりました。\(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R397

道のページ の更新です。

今回は 397号線 です。

397号線は岩手県大船渡市の権現堂交差点で45号線から始まり、岩手県を西進して秋田県に入り、横田市の佐賀会沖田交差点で13号線に到達するまでの国道です。

今回は横田市から大船渡市の方向で走っています。スタート直後は342号線、ゴール近くは107号線と重複です。

397号線は全線山の中ですが、山の中の国道の例に漏れず川沿いを走ります。写真一つ目は、その川の1つ、胆沢川(いさわがわ)の様子。ちょっと水量が少ないですね。胆沢川はこの後胆沢ダムが作る奥州湖になります。

胆沢川

397号線は山の中を走るというか、森の中を走るといった方が良いかもしれません。こんな感じの道が多いです。

森の中

そして次は胆沢ダム。このダムはロックフィルダムで、写真の右に見えるように岩が積み上げてあります。この写真は放水路です。なかなか立派なダムですね。

胆沢ダム

というわけで397号線は終了。343号線に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER

少佐無き公安9課の様子を書いたマンガが半分、アニメ版のためのサンプルプロット(文章)が半分と言った構成です。
マンガは結構面白いではありませんか。2.0 が面白くなかったのに比べ、これは読めます。
サンプルプロットは途中までしかないものとかあって、ちょっと物足りない。アニメスタッフに対する提言みたいなのも付いているので、アニメ製作の裏側を見るような感じ。その辺の雰囲気を見ると思えば、悪くありません。
でも 1,800円するのはちょっと高いかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

攻殻機動隊 (2)

これは面白くありません。
なんですか、1巻とは比べるべくもない。
カバーに「お詫びと訂正」として、この本は1巻の続きじゃなくって、まったく違うものなので、1巻の続きと思って買った人、ゴメンなさい、などと言い訳があります。
まぁそれはどうでも良いのですが、絵にばっかり力が入っていて、ストーリーがよくわからないし、それを説明しようという感じでもありません。1巻の時のような哲学的な何かも見当たらないし、ちょっと残念ですね。
しかしカラーページはかなり多く、しかも独特のCG絵です。CG絵は悪くありませんが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPadPro + DMM mobile

昨年 2016 年の 11 月にインクリメントPの Mapfan+ がサービス終了と新 Mapfan のリリースを発表。

そして 新しい Mapfan がどんな感じかというと、、、特にナビの部分でちょっとダメダメでとても残念なことになってしまいました。この辺は以前 ブログにも書きました ね。

半年以上経過してどうなるかと思っていましたが、まったく改善されず、、、そしてついに 2017年7月末で、Mapfan+ のサービスが終了 してしまいます。。。

乗り換え先として、しばらく Yahoo カーナビ を使っていますが、これなかなか良いですね。無料でこれなら文句ありません。特に、ハンドルリモコン が秀逸です。
これとても使いやすい。もうこっちに乗り換え決定ですね。

ただし、、、

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«攻殻機動隊 (1)